少子高齢化社会の日本に必要なサービス{多くの人をヘルプしよう}

  • セミナー参加の重要性

    家族の介護を行うときに多くの人が介護疲れを感じていることでしょう。介護する側はされる側の気持を理解することが難しいとされていますので、介護性ミナーに参加して介護について学ぶべき知識をしっかりと得ることが大切です。

    ▶もっと読む

  • 利用費用を考える

    老人ホームは、高齢者が安心して住むことができる環境が整っている魅力的な場所で、しっかりとしたサポートを受けることができますので家族も安心することができます。老人ホームによって価格が異なっているので注意が必要です。

    ▶もっと読む

  • 特別なベッド

    睡眠をし、体の疲れを癒やすために利用されているベッドですが、マッサージを受ける人のために作られているマッサージベッドは、マッサージを受けやすく設計されていますので、マッサージを受けながら効率的に疲れを癒やすことが可能です。

    ▶もっと読む

  • 重要視されているソフト

    介護業異界の重要性が高まっている近年は、介護職で働いている人のためにサポートを行ってくれる介護ソフトを導入する動きが活発になっています。介護ソフトを導入するメリットを学びましょう。

    ▶もっと読む

必要な研修

介護職員初任者研修の概要について

介護に関する資格には様々な物がありますが、中でも介護職員初任者研修と呼ばれる資格は、介護職に就く上での基本的な知識があることをアピールする大きな効果を発揮します。以前は「訪問介護員(ホームヘルパー)2級講習」と呼ばれたものが発展したもので、この研修を修了する(資格を取る)ことは介護業務に携わるための入り口と考えていいでしょう。 介護職員初任者研修は様々なところで開催されています。通学制の研修だけでなく、通信制の講習もあります。通信制の講習では、いわゆる座学(学科)はテキストを呼んでレポートを提出しますが、実技に関してはスクーリングを受講する必要があります。研修時間は130時間で、受講期間は主催者や通学・通信によってことなりますが、平均するとおおむね3〜4ヶ月程度のところが多いようです。 介護職員初任者研修はきめ細かく指導してもらえることが何より大事です。何しろ、高齢者や障害者には丁寧に声かけなどが必要となるので、そのタイミングや方法などについてしっかり学ぶ必要があるためです。研修の定員が多すぎるときめ細かく教えてもらいにくい可能性がありますので、少人数制をとっているところを選ぶことは一つのポイントとなると思われます。

受講費用と今後の展望について

介護職員初任者研修をの受講費用は、主催者によって大きく差があります。安いところでは3万円くらい、高いところでは15万円近くすることがあります。平均すると8万円〜10万円程度になると思われます。 なお、「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」の対象となっている研修を受講すると、受講費用の一部が返還されるので費用負担を抑えることができます。 費用が高くても安くても130時間という時間数には変わりありません。だからこそ、質が大事になります。費用と質がマッチしているかどうか、既に修了した人などから話を聞いてみたり、口コミや評判などをよく調べてみるといいでしょう。 介護の仕事は今後ますます必要性が高くなっており、介護職員初任者研修は比較的安価で資格取得が可能なので、興味のある人や介護の仕事も選択肢に入れておきたい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。